leaf

NPO法人 ワーカーズコープ

就労継続支援B型事業所 コミュニティ喫茶 たいむ

〒333-0861 川口市柳崎5-12-25
Tel 048-487-9630 (Fax 9965)
e-mail

 2015年5月より、コミュニティ喫茶たいむが生まれ変わります。地域の皆さんに親しんでいただき、これまで運営してきました。
これから、もっと地域の総合的な分野でコミュニティの拠点として機能していきたいと思い、新たな場所で、喫茶店に加え、菓子
製造・軽作業所を精神障がいのある方の就労継続支援B型事業所として始めていきます。
 事業・作業内容は「☆コミュニティ喫茶での体験」「☆お菓子作り・販売」「☆エコバック作り・販売」などです。

 ご相談・見学はいつでもできます(一度体験も可能です)。ぜひ一度いらしてください!

  パンフレット

top7

top6
(子どもの顔のような外観)

 


メニュー  野菜カレー  季節のパスタ  紅茶
menu_b
菜の花
top5


「たいむ」こぼれ話2

top3

 私達の喫茶店「たいむ」の最高齢のお客様は、大田尭先生です。今年93歳になられました。小箱のオーナーでもあって著書も並んでいます。 近著「かすかな光へと歩む」他。去年映画「かすかな光へ」が完成し全国で上映活動中です。6月23日、蕨で10時半からの上映後、お話もされる予定です。
 他に90歳台の方が二人いらっしゃいます。坂道の下の公園から久しぶりに来店された白根さん。「温かくなったので散歩ができます」と。歌うことが好き。 88歳からピアノを習い、ボイストレーニングも受けているとか? 去年、シベリア抑留の経験談を聞きました・・・「戦友はもう誰もいません」と。 今年もまた貴重な体験、歴史の語り部の話を聞きましょう。ロシア語の歌等の話題も豊富です。
 協同病院のバスツアーで「たいむ」のハーモニカの集いのことを聞いたからと、参加された女性。「少し耳が遠くなったけれど、私でもいいですか?」と。 歌集を中心に矢吹さんのハーモニカで歌います。いろんな歌をご存じです。〜若者の歌だけど〜声に合わせて歌ってくださって、驚きです。
 又いろんな年代の地域の方や友達の友達が、声をかけあって来てくださいます。感謝です。
 最年少のお客様は、9カ月の「ユリちゃん」。背の高いお母さんの懐にすっぽり収まり、お母さんはまるで一人身のように闊歩してます。お母さんのランチの間、 ユリちゃんはベビーカーで待っています。でもベビーカーが嫌い!爽やかな風が吹いていますよ。


「たいむ」こぼれ話

top

 2010年11月。「たいむ」開設以来1年半、多くのお客様に来ていただきました。コンサートやお花見会、七夕、お月見、クリスマス等の催し物や集いを実施しました。 ご近所のSさん、Mさん、Oさん、Kさん常連さん。いつも温かいご支援、ご助言に感謝です。
 ある日の午後、フラッとご来店いただいた自称<バッタのジイ>はシュロの葉で、見ている間にバッタにそっくりな置物を作ってくださいました。 店のスタッフやお客様に手ほどきをしてくださいました。あまりの早業になかなかできません。スタッフが自宅で作ってみたけど、出来上がらず。 どこの誰ともわからないまま、どう "ウォンテッド" を掛けようか?と思っていたら、またフラッとお見えになりました。 今度は2回目なんとかついていけました。お名前を聞くと南浦和のTさんでした。
「これからイタリアに行ってきます。今度来るまで4匹作っておいてください」宿題です。4月になります。いついらっしゃるでしょう。
 宿題できたかな?
またTさんは、「希少絶滅危惧種に指定されている<国蝶オオムラサキ>が「たいむ」から歩いて行ける大牧緑地で見られる。 地元の有志の方々の力で復元飛翔させることができた」と教えてくださいました。6月頃に飛翔するそうです。是非見たいものです。
 「たいむ」開設して1年半。地域には "宝物" が一杯あると実感しています。

(近くの桜の満開の様子)

top2